スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高画質流用の術

これは歌ってみた等でしか使えないものです。

なぜならば...
・使いたい動画があり、そのまま流用したい(加工をしない)
・使いたい元動画がmp4でエンコされている(flvはダメよ)

という場合でのみ使えるからですwwwww
なんという制限

自分で動画を作ったり加工したりするものには使えないのであしからず…
歌みたはね、元動画やらPVやらをそのまま使うことも結構あると思うので、使えるわけですよ。。。

さてさて、本題です。

まずはCraving Explorerなどで元動画を、変換なしで落としましょう。

(mp4で落としてもflvのフォルダに格納されます)

次に使うのが…Yambです。

起動するとこんな画面です。
1.png

次に編集の「映像音声を取り出す」をダブルクリックします
2.png

画面が遷移します。
Inputに落とした元動画を選択します。
ContentにH264とか出るので選択します。
Optionsが選択できるようになるので、Extract to MP4を選択します。
3.png
次へ

なんか始まります。
これが映像と音声の分離です。
動画ファイルと同じ階層に映像のみとなった動画ができています。

↑いりませんでした(修正:2011/05/30)

次に音声です。

っと、その前に。
元動画の音声と、用意した音声のタイミングあわせを忘れずに。
元の主様が用意してくださったオケとて、うp音源とタイミングがあっているとは限りません。
というか微妙にタイミングが違うほうが多いと思います。

作りこんだ音声をAACにエンコードします。

さてさて、ここで問題があります。
なぜmp3ではないのか、ということ。
実際この後の処理をmp3で行っても、最終的に全く問題ないmp4ファイルが出来ます。



実際やってみたところ、ニコニコ上で音がでないという状況になりました。
私に不備があったのか、ニコニコ側で対応していないのか…少々わかりませんが
少なくとも私の環境では音をmp3でエンコードしたところ、うp後音が出なくなる現象になりました。

というわけでAACにエンコードします。
方法は…まぁググるのが一番かもしれません。
現在私はCDexというツールでしておりますが
このツールで行うことが最適だ!音質がいい!などということは言えないので
調べていただく方がよいと思います。
申し訳ございません。

Win7では動かなかったので、私は Any Audio Converter を使うようになりました(追記:2011/05/30)

さてさて

再度Yambを起動します。

作成の「MP4ファイル作成」をダブルクリックします。
1.png

「開く」から映像のみとなったmp4とエンコードしたAACを選択してください。
DLしたmp4の音声側のチェックボックスを外します。(追記:2011/05/30)
Outputに、出力場所とファイル名を記入してください。
4.png

次へ、で映像と音声の結合を行います。



以上です。
映像をAVIに変換したり、再エンコードをしていないため
まさに元動画そのままの画質で動画ができます。

再度言いますが

完全流用

という場合のみできる手法ですがね…
下手に動画エンコするより楽かもしれません。
元動画が何bitでエンコされてるかによっては、音声bitを下げる必要があるかもしれないですが。。。
限界制約事情上。
スポンサーサイト

ニコニコ動画にH264エンコード(mp4)でアップロードするよ?

ためらっていたh264のお話です。
使うエンコードツールはAviUtlです。

ぶっちゃけmencoderよりも面倒だと思います。
もちろんメリットだけでなく、デメリットもきっちりあります。
そこらへんを含め

基本部分を中心に書こうと思います。
(プラグインを入れれば出来ることも、結構無視します)
(既にアップロード可能なアスペクト比にしてあるものとしてます(リサイズプラグインなし)

まずはAviUtlを用意です。
ココからダウンロードし、zipファイルを解凍すると
aviutl.exe
aviutl.txt
aviutl.vfp
の3ファイルがあると思います。

そしたら、同じ場所に"Plugins"というフォルダを作成しましょ。

その後、必要分のプラグインをダウンロードしてきます。
絶対必要なものがx264形式にするためのものですね…

こちらの x264 詰め合わせ  の h264~~~.rar をダウンロードしましょう。

ダウンロードしたファイルをどこででもいいので解凍します。

中身が
auoフォルダ
cliフォルダ
gpl.txt
License.txt
readme.txt

となっているかと思います。
実際に使うのはauoフォルダとcliフォルダの中身です。

auoフォルダ内の"x264gui.auo"と"x264gui.ini"
cliフォルダ内の"x264.exe"と"x264afs.exe"
を作成したPluginフォルダ内に格納します。

次に、動画を読み込ませるためのプラグインを入れます。
これをしないと、以前書きました、WMMで作成した無圧縮動画は読み込めません。

そこで入れるプラグインが
コレです。
aviutlにwmvを読み込ませる場合に必要です。

ダウンロードしたlzhファイルを解凍すると
ds_input.aui
ds_input.ini
読んでね.txt
が入っていると思いますので
"ds_input.aui"と"ds_input.ini"の2つをPluginsフォルダに格納します。

次に音声エンコードのためのファイルをダウンロードします。
mp4の音声形式はAACなので
neroAacEnc.exeが必要です。
コチラからダウンロードします(Agreeボタン)

zipファイルを解凍すると色々出てきますが、必要なものは
win32フォルダ内の"neroAacEnc.exe"のみなので分かりやすい場所にコピーします。
(私はaviutl.exeと同じ場所が分かりやすくていいと思います)
他はいらないです。

これで単純にエンコードを行う準備は終わりです。

AviUtlを起動しましょう。

その1

あっさりした画面です。
ここにエンコードしたい動画を
ドラッグ&ドロップ。または、ファイル→開く
でAviUtlに読み込ませます。

その2

アラートが出なければ、このような感じになっていると思います。

次に、ファイル→プラグイン出力→拡張 x264 出力(GUI) を選択します。

その3

この画面に移動したと思います。
同画面のファイル圧縮ボタンをクリックします。

その4

更に画面遷移しました。
先に先ほどダウンロードしたneroAacEnc.exeの設定をします。

画面右側、音声欄の中にneroAacEnc.exeの指定があります。
すぐ右の...ボタンをクリックし、格納した場所からneroAacEnc.exeを選択してください。


ここまで済んだら、細かいビットレートなどの調整に入るのですが
その前に!

ここで、便利といえば便利な機能があったりします。
画面上部の"プリセット"です。
クリックすると下の方にNicoNico~というものが4つほどありますね。

単純に言ってしまえば
高速の方が早くエンコードできるけど画質悪いよ。
超画質の方がエンコードおっそいけど画質はいいよ。

ということです。
そこは
1.目指す画質
2.エンコードしてられる時間
3.自分のパソコン(CPUの能力)
で各々判断してください。

いや、勝手で申し訳ありませぬ(汗
私はもう超画質しか選ばない人なので…

さて、ではやっとこさビットレートのお時間ですね。

映像の"~~~パス"は
マルチパス - Nth PASS
にしておきましょう。

自動マルチパスの右側の数値がエンコード回数です。
基本は"2"です。

注意点としましては
数値が上がるほどエンコード時間が増えます。(エンコ回数なので当然ですが…
そして視聴側の負荷が大きくなります(閲覧に対し重くなる
理論上は画質が上がる。

です。

ビットレートは映像によって分けましょう。
"一枚絵or紙芝居orパラパラ漫画orヌルヌル動く"
右にいくにつれてビットレートを上げる感覚で。
あとはアニメーションと実写でも若干異なってきますよ。

音質に関してですが…私より分かりやすく説明してくださってるところがあるので…
コレ!
のAACの種類ってところ。

まぁ個人差は出ると思いますが参考には充分なりますね。
私はAAC-LCの192かAAC-HEの128をもっぱら選んでますね。

ちなみにCravingで落とすとmp3は一律128になるようです。

・・・タブン。

そんな感じでOKをクリックします。

1つ前の画面へ戻るのでファイル名を付けて保存します。(保存場所は確認しましょう
保存をクリックと同時にエンコード開始です。

確認はflv時と同じくGOM Playerで出来ます。
場合によってはmp4BOXなるものが必要…かも?←未確認

※できない方へ
.Net frameworkが入っていないのかと思われます。
XP
Vista
もしくは
Microsoft Visual C++ 2008
ご注意を。

できるだけ簡単にFLVへエンコードをしてみる。

それが「mencoder_vp6set」を使う。
です。


やさしい人が用意してくれてます。
DL用URLはココ

解凍すると
無題
こんなん出ると思います。

次の動作は作成した動画のアスペクト比によって違います。
512×384で作った場合はFLV4enc_D&D_2pass_4:3.bat
512×288で作った場合はFLV4enc_D&D_2pass_16:9.bat
へ、動画ファイルをドラッグ&ドロップします。

無題

プロンプト画面が出てきます。
ここでは音質を決定します。
多少悪くてもいい→64
普通くらいで→128
音質良好くらいで→192
自己満足だ!→320

こんな感じに私は捉えてます。
私がよくやる設定は192が多いですね。
ただ、数が多ければ全てよしってわけじゃないコトを覚えておいてください。
(この数値の決定は、完全に経験がものをいいます)

・プレミアム会員の場合
画質と合わせて1000以内でなければなりません。
更にファイルサイズ制限で100M以内である必要があります。

・プレミアムでない場合
画質と合わせて600以内でなければなりません。
更にファイルサイズ制限で40M以内である必要があります。

長時間の動画の場合はファイルサイズを気にする必要が出てくると思うので
ニコニコ動画用のビットレート計算機なんて便利なものもあるので
活用するといいと思います。

※ビットレート計算機ですが、アップロード制限改定後の確認をしてないため
 若干ことなる可能性があります、調査不足ですみません。


さて、オーディオのビットレートを指定すると
無題
こんな画面出てきます。

左上のBitrateは画質です。
静止画だらけなら300台で問題ないと思います。

処理の重いエフェクトがある場合は512くらいまで上げていいと思います。

ただし、アニメーションなど随時動くものは少なからずノイズが載ってしまいます。
そこは他で記述するH264(mp4)エンコードの方が綺麗に仕上がります。

(やはりここの数値の決定も経験によって分かるようになってきます)

右上のModeはエンコード方法です。
何も気にせず「Two Pass - First Pass」を選びましょう。
他の部分は画像と同じで問題ないです。
また、他のタブは触らなくて問題ないと思います。

OKをクリックします。


また同じ画面が出ると思います。
さきほど選んだMode「Two Pass - First Pass」というのは
2回エンコードを行い、1回目の設定です。
ということです。
なので
Modeを「Two Pass - Second Pass - Best Quality」に設定を変えます。
※他は変えません。重要です。

再度OKをクリックします。

プロンプト画面に色々文字が出力されます。
エンコードの開始です。

エンコード時間についてはマシンスペック、主にCPUパワーによって左右されます。

プロンプト画面が
無題
上の表示になった地点でエンコードは終了です。

エンコード元となったファイルと同じ場所に「ファイル名_menc.flv」が出来ていると思います。

※mencoderについて
 上記DLのバージョンにて、20分超え動画のエンコードを行ったところ
 エラー終了する状態に直面しました。
 回避策は現在分かっていませんが、調べてみると他バージョンを入れなおした場合
 エラーが出なかったという発言が見られるので
 当mencoderの不具合の可能性もありますが、検証不足のため
 はっきりとした原因は分かりません
 申し訳ありません。



最後の確認。
ファイルサイズがアップロードできるサイズかどうか、確認しましょう。
また、flvファイルなので一般のMedia Playerでは再生できないかと思います。
flvとは一種のFLASHなのでFLASH Playerを用いるか、
または多機能プレイヤー(例:GOMプレイヤー)を使ってください。


以上で、できるだけ簡単にflvエンコードをする。を終了します。

質問は分かる範囲ならば答えますが、悲しいかな我流で覚えたものなので
分からない点もあるかと思いますが、ご了承ください。

Windows Movie Makerで無圧縮動画を作ってみる

1.用意するもの

Windows ムービーメーカー
Windows Media エンコーダ

2.Windows ムービーメーカーを無圧縮出力できるよう設定する

・・・ために
(1)Windows Media エンコーダをDL・インストールする
ダウンロードはここから。

(2)Windows Media エンコーダの機能を使う
インストールするとプログラム内にWindows Mediaが出来ている。
その中にユーティリティがあり、その奥に「Windows Media プロファイルエディタ」があるので選択。

(3)Windows Media プロファイルエディタを使う
このツールで作るものが、ムービーメーカーの出力設定ファイルです。
bit01.png

①.名前欄は無圧縮の動画を作るもの、であることが分かる程度に付けてください
②.メディアの種類の、オーディオとビデオにチェックを入れてください
③.オーディオのコーデックを「なし (PCM)」を選択してください
  これが無圧縮の音声の作成設定です。
④.自動でビデオのコーデックが「全フレーム (非圧縮)」になります。
  これが無圧縮の画像の作成設定です。
⑤.対象ビットレートの追加ボタンをクリックします。
bit02.png

⑥.ニコニコ動画のサイズに合わせるためビデオサイズを「512×384」に書き換えます。
  (ただし、9:6の動画の場合は512×288なので、9:6の動画を作る場合は後ろを288にすること)
⑦.フレームレートを29.97にします。(別に30でもいいです)
  (これは秒間に表示する画像の枚数のことです、30なら秒間30コマ動きます)
⑧.保存して終了ボタンをクリックします。
⑨.保存場所を、"C:\Program Files\Movie Maker\Shared\Profiles"のように、ムービーメーカーの中のProfilesに設定して、保存します。

※加筆修正
⑨にて直保存できないとのご報告を頂きました。
 以下の通り修正します。
⑨.マイドキュメントなど、適当な場所に保存する。
⑩.C:\Program Files\Movie Maker\Shared内にProfilesフォルダがない場合作成する。
⑪.⑨にて保存したファイルをProfiles内にコピー、または移動する。


3.無圧縮動画を作成する

(1)ムービーメーカーを開き、動画を設定します。
 (作り方は割愛)

(2)保存

画面1→マイコンピュータを選択・次へ
画面2→保存する動画の名前と、"空き容量が十分にある"保存場所を選択し、次へ
     (1分30秒程度で800MByteは持っていかれます)
画面3→詳細選択肢の表示をクリック
     (最高の品質で再生の下)
    →その他の設定を選択
    →一番下の方にプロファイルエディタにて入力した名前があるので選択、次へ

これで無圧縮動画が作成されました。
拡張子は.wmvになっていると思います。
拡張子はwmvですが、まぎれもなく作られているのは無圧縮動画なので大丈夫です。


ここで、動画の内容確認のために再生したいところですが、
非常に重いファイルなので、マシンスペックが要求されます。
場合によってはフリーズする可能性もあるので、覚えておいてください。

ニコニコ動画に関するための、自分なりのメモ

**********音質について**********

flvでのエンコードの場合音はmp3エンコードになる
mp4でのエンコードの場合音はAACエンコードになる

128以下でエンコ時はmp4
192以上でのエンコ時はflv
以上のエンコード方式をとったほうが音質が良いと
思われるパターンが多い (あくまで個人差はある)

以下調査元
比較サイト


**********画質について**********

私個人がエンコードをしてきての考え

flvよりもmp4の方が低容量かつ高画質なエンコードを可能としている
ふしがある。

(頼れるソースがなかったため運営に喧嘩売った結果)

その静止画のみの動画ならば双方ビットレートは
320程度で十分すぎる画質を保つことが出来る

アニメーションになっているものは640オーバーのビットレートを確保したい

基本静止画+エフェクトの場合はエフェクトの内容次第で変更する
軽いエフェクトならば400以内で十分
重いエフェクトならばアニメーションと同等または若干下でよい(500)

ただし、以上の設定で行う場合
容量の計算はあるが、エコノミー回避については考えていないものとする。


**********動画サイズについて**********

普通でも40M、プレミアムでは100Mまでアップロード可能なわけである、が。

ビットレートを上げまくってファイルサイズギリギリでもアップロードできれば
それでいい。

ではないと私は考える。

理由として、重いファイルは当然、読み込みに時間がかかる。
となれば、再生速度より読み込みが遅くなり、円滑に見ることができなくなってしまう。

音質・画質・容量
このバランスをいかに保って提供するかが大事なんじゃないかと、私は考える。
極端な話、静止画が並んでるだけの動画の画質に800ビットレートは必要ないのだ。
必要充分なビットレートを把握して、動画容量を抑え視聴側にストレスなく見せる。

これはとても大事なことだと、私は思うのである。

とかいいつつ実際100M動画もアップロードしたことがあるのだがw


**********NiVEでの作成後に関して**********

基本での出力が圧縮無しのAVIファイルだが、
(私のアホPCだけかもしれないが)AviUtilでのmp4エンコをしようとしたところ
映像側を読み込まない現象発動

また、この未圧縮aviはWMMでの未圧縮設定に比べ妙にファイルサイズが大きい。

解決策として、一度WMMで未圧縮wmvを作成した後
AviUtilに入れることで解消できる。

現状他の回避策は不明
まぁそこまで面倒でもないので、調査せず偶然回避策が見つかれば儲け程度の考え。


**********エコノミー回避について**********

まずエコノミー状態となる判定が
500再生以上の300ビットレート以上

エンコの話なので300ビットレートについて。

音質を128まであげると、画質に使えるのが170程度
これは静止画+軽いエフェクト程度の動画でもノイズが分かるレベルに出現します。
すべてが終わる前にの動画を実験で回避エンコしたとき(H264)に、そう感じました。
つまり、音質にこだわりがなく、エコノミー回避をする場合は64ビットまで下げる方が
得策です。

ただし、音楽タグなど音楽を聞かせたい場合はあえて画質を捨てるのも手だと思います。
決して170ビットで見れないほどの代物になるわけではないため。


**********設定とか**********

一応転載
ビットレート[kbps] = ファイルサイズ[MB] × 1024 × 1024 × 8 / 再生時間[秒] / 1000


**********リサイズメモ**********

これまた転載
4:3(1280x960、640x480、480x360、320x240、等)
基本的に512x384にリサイズするだけで良い。
3:2(720x480)
画面の左右合計16ドット(左8、右8等)をクリッピング(クロップ=カット)して、704x480にしてから512x384にリサイズする。
16:9(704x396、352x198、等)
512x288にリサイズするだけで良い。
16:9(720x480・スクイーズ)
画面の左右合計16ドット(左8、右8等)をクリッピング(クロップ=カット)して、704x480にしてから512x288 にリサイズする。
その他のサイズ
704x576 ⇒ 469x384+左右に黒べた
676x250 ⇒ 512x189+上下に黒べた
640x352 ⇒ 512x282+上下に黒べた
640x272 ⇒ 512x218+上下に黒べた


**********エンコ師としての心構え(ぺんぎん編)**********

あくまで私、難民Nの考えです。

以前ちょっとした経緯でエンコ委託のことを見かけたのですが、
ちょと個人的にイラっときたことがあったので、自分なりの考えをまとめるために
この場を借りて。。。

動画に対し、何を優先するかを必ず知るべし。勝手にやらざるべし。
・動画サイズ
・音質優先か、画質優先か。
・質優先か、動画サイズ優先か。
・優先選択時のメリット・デメリットの報告。

ここいらは、私はします。
エンコードなんてものは正直な話誰でも結構簡単にできると私は思ってます。
音楽を作るだとか、歌うだとか、動画を作るだとか。
上記みたいな技術みたいなものは、そんなにいらないです。
ただ経験とツール慣れがあれば、案外なんとかなります。

それであって、委託してくださるのなら
「こんなハズじゃなかった」
は許せないと思います。

自信もって作っていらっしゃる作品です。
仕上げを任せてもらえたのなら、エンコなどというもので質を落とさずに
うpしてもらいたいものですなぁ。

と、フト思うわけでした…

(自分勝手でえらく自分よがりなコトを言っているのは重々承知しております。
検索フォーム
プロフィール

茨ん@難民N

Author:茨ん@難民N
ニコ厨、兼、漫画をたーくです。

活動がよく分からない人(?)。

最新記事
カテゴリ
なかのひと
月別アーカイブ
ヒウィヒヒー
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
かうんた?
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク・・・はフリーです
所属ニコニコミュ
ニコニコマイリスト
管理人のマイリスト

手伝わせて頂いた動画

かえるの絵本実況

モンスターハンター3実況PT参加

友人ATA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。