スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

聖戦と死神

第1部「銀色の死神」 ~戦場を駈ける者~



{第九巻 527頁}



Preuzehn(プロイツェン)領Offenburg(オッフェンブルグ)...

眩暈がする程の血の雨の薫(かおり)に咽ぶことなくその男は笑っていた…



Flandre(フランドル)暦182年『Arag'on(アラゴン)の戦い』

Alvarez(アルヴァレス)将軍率いる Flandre(フランドル)軍5千

Pyr'een'es(ピレーネ)山脈を越え Castilla(カステリア)領に進撃

Aragon(アラゴン)平原にて Castilla(カステリア)軍

北方防衛駐留部隊1万2千を相手に開戦



勇み歩を進める毎に 足元に死が絡みつく

研ぎ澄まされてゆく刃風(かぜ)に 敵兵は戦意を(こころ)惑わす



猛る兵士と軍馬の嘶き「全軍突撃!我に続け...」

白銀の甲冑...(アルベルジュ)

{Chrono, Venies! Vidies! Velesa!}

{Chrono, Venies! Vidies! Velesa!}

{Chrono, Venies! Vidies! Velesa!}

{Chrono, Venies! Vidies! Velesa!}



「時に...Alvarez(アルヴァレス)卿の軍はまた勝利を収めたようですな...

倍数以上の敵軍を完膚なきまでに叩きのめしての大勝利とか」

「...銀色の死神 忌々しい(アルベルジュ)め

今や陛下よりも奴を崇拝する者まで出始めておる始末」



「丁度良い手駒もあることで御座いますし 機を見ていづれ

目障りな英雄殿には ご退場願うのが宜しいかと」

「手駒...あぁPreuzehn(プロイツェン)で捕虜にしたあの男の事か?

...破滅を演じる歴史の舞台 今宵も面白い劇(ゆめ)が観れそうだ…」



「我ら<唯一神>(Chronica(クロニカ)の名の下に…」



彼は誰が為に戦場を駈けるのか...護るべき女性(ひと)と祖国(くに)を失って尚…



第2部「聖戦と死神」 ~英雄の不在~



愚者は問う...鉄壁の王城を捨て

女王は何処(いずこ)へ往くのかと…

賢者は識る...どれ程堅牢な守備を誇ろうと

陥落しない城など存在し得ぬことを…



Britannia(ブリタニア)暦627年『Canterbury(カンタベリー)の戦い』

Parsifal(パーシファル)騎士団長率いる第四騎士団

Dover(ドーバー)より上陸した帝国軍第一陣を迎え討ち

Canterbury(カンタベリー)平原にて開戦



どんな敵も恐れはしない祖国(くに)を護る為に剣(つるぎ)を振るえ

胸に気高き女王(Queen(クイーン)の薔薇を抱いた同胞(とも)よ

進め我らは<薔薇の騎士団>だ(Knights of the Rose(ナイツ オブ ザ ローズ))



死をも恐れぬ薔薇の騎士達は彼に続く…

緋(あか)い戦場を駈け廻る(めぐる)一条の雷 Parsifal(パーシファル)の雷槍(スピアー)

進め我らが<薔薇の騎士団>だ(Knights of the Rose(ナイツ オブ ザ ローズ))



帝国暦元年『Grasmere(グラスミア)の戦い』[Chrono Velesa! Chrono Velesa!]

Alvarez(アルヴァレス)将軍率いる帝国軍第三陣[Chrono Venies! Vidies! Velesa!]

辺境の地 Whiteheaven(ホワイトヘブン)より上陸[Chrono Velesa! Chrono Velesa!]

疾風の如く馬を駆り敵陣の後背を突いた…[Chrono Venies! Vidies! Velesa!]



殺す相手を愛する者や 祈る者がいることは忘れろ

邪教の使徒は根絶やしにしろ 眼を背けるなこれが<聖戦>だ



燃え上がる山村 虐殺される人々

逃げ遅れた娘 追い駈ける男

馬上で弓を引き絞り 獲物に狙いを定める

放たれた火矢{うぁぅっ} 細い娘の身を掠める



転倒した娘{Charlotte(シャルロッテ)!} 飛び出した男

娘に振り下ろされた白刃を弾き返す



動かない娘 向かい合う二人の男

此方(こなた)...白馬のAlvarez(アルヴァレス)

彼方(かなた)...黒馬のGefenbauer(ゲーフェンバウア)



「武器を持たぬ者に何をするのだ...」

「小娘といえど邪教の使徒

情けを掛けてやる必要などありわせぬ…」

「道を踏み外すな目を醒ますのだ...」

「貴様にだけは言われたくないわ

偽善者...英雄狂...人殺し(アルベルジュ)



「親父は Offenburg(オッフェンブルグ)で死んだ...

兄貴も...弟も...戦友も...皆…」



「待て...貴様帝国を裏切るつもりか...

まぁそれも良かろう

(アルベルジュよ、貴様を殺す男の名を忘れるな、その男の名こそ、Gefenbauer(ゲーフェンバウア)だ!」



幾度も繰り返される過ち 歴史に何を学ぶ…

奪い奪われてはじめて 気付く闇が在る…



{Chrono Velesa! Chrono Velesa!}

狭い山道(やまみち)を風のように駆け抜ける白馬[Chrono Venies! Vidies! Velesa!]

馬上には白銀の甲冑の男[Chrono Velesa! Chrono Velesa!]

傷ついた娘を抱きかかえたまま南へと疾り去る…[Chrono Venies! Vidies! Velesa!]



「Gefenbauer(ゲーフェンバウア) 世界を憎み呪うかのようなあの眼

あの男は私だ 私の過去だ...

…lotte(ロッテ)...嗚呼...Charlotte(シャルロッテ)...私は何と戦えば良い…」



第3部「薔薇と死神」 ~歴史を紡ぐ者~



「此処は何処なのかしら 私は確か

追われ 矢を射られ 倒れたはずだったわ…」



「気付いて良かった 大丈夫かい?

私の名はAlvarez(アルヴァレス)

君達の村を襲った軍隊の指揮官...

だったのだが...今ではもう追われる身だ...

からと言っても...言い訳に過ぎぬ…私が憎いかい?」



「えぇ...憎くない...と言ったら嘘になるけれど...

助けてくれた貴方のこと 私は信じたい…」



「私は Belga人(ベルジュ)なのだよ 亡国の仇を取る為

旧Flandre(フランドル)へ身を寄せた<異邦人>(アルベルジュ)

この意味が解るかい...お嬢さん?

この手はもう取り返しのつかない程に汚れている...」



「最初は怒りから Preuzehn(プロイツェン)を

次に異国での居場所を確保する為Lombarad(ロンバルド)を

そして己の願望を満たすという目的の為に

Castilla(カステリア)を滅ぼした…」



「今でも目を閉じると

鮮やかに浮かんでくる風景がある

私にはどうしても取り戻したい場所があったのだ

そんな私に当時のChildebert(キルデベルト)6世陛下は約束してくれた...」



「国をあと一つ...

例えばBritannia(ブリタニア)の征服を条件に

Belga(ベルガ)の独立自治権を許すと...

私は他人(ひと)の国を売って

自分の国を買い戻そうとしたのだ…」



「私はそんな愚かな男なのだよ…」



「そう...そんな愚かな男なら

私がここで殺してしまっても構わないわね?」

「あぁ...好きにするが良い...

私は取り返しのつかない過ちを犯してしまった…」



「馬鹿!それでは何も解決しないじゃない

貴方はそれで満足かも知れない

でも貴方の仇を取ろうとする者が現れないとは限らない

その論理が繰り返し悲劇を生んでいるのよ…」



「取り返しのつく歴史なんて一つもないもの だから尊いの

だから私達は新しい歴史を創ってゆくの

愚か者とは…過ちを犯す者のことじゃない

過ちと知ってなお 正そうとしない者のことをいうのよ...」



「...ねぇ...そうでしょう?」

「お嬢さん...君は強いな…」

「えぇ...そうよ…私は強いわ

この国の未来を背負っているんだもの…」

「この国の未来?

Britannia(ブリタニア)の女王は若い娘だと聞いていたが

まさか…君が...」



「Rose Guine Avalon(ローザ・ギネ・アヴァロン)

そう...私がこの国(Britannia(ブリタニア)の女王よ

黙っていて御免なさい...でも解って欲しいの...

Alvarez(アルヴァレス)将軍...私は貴方を信じます…」

「これは...女王陛下とは露知らず 数々の非礼を…」

「お願い!畏まらないで 私はそういうの好きじゃないの

私のことはRose(ローザ)で良いわ...」



「それにしても貴方があの有名な「Belgaの死神」(アルベルジュ)とはね...

...想像していた像(Image(イメージ)と随分違うわね

熊のような大男だと思っていたのに...」



「...でも(アルベルジュ)はやめた方が良いわね

この国では流行らないわ Britannia(ブリタニア)風に言うと...

そうね(アーベルジュ)かしら

そっちの方がずっと素敵よ ねぇ...そうしなさいな…」



「何?さっきから女王(ひと)の顔をそんなに見つめて...」

「いや...最初に貴女を助けた時

ある女性に似ていると思ったのだが...」

「思ったのだが?」

「...今にして思うと全然似ておらぬ...」

「なにぃ!?」



Windermere(ウィンダーミア)の湖畔を白い風が駆け抜けて往く...

Tristram(トリストラム)騎士団長率いる第六騎士団が衛る地

Lancaster(ランカスター)へと…



第4部「黒色の死神」 ~英雄の帰郷~



Alvarez(アルヴァレス)亡命の報は 帝国のみならず

Garia(ガリア)全土に強い衝撃を響かせ疾った…



時代は英雄を求め 反撃の狼煙は上げられた

旧Castilla(カステリア)領が 帝国に対し独立宣戦を布告

旧Lombardo(ロンバルド)領 旧Preuzehn(プロイツェン)領がそれに続き

帝国内部で高まりつつあった聖戦への反感が遂に爆発



Alvarez(アルヴァレス)を頼り 軍・民・問わず亡命者が殺到

更に熾烈な四正面作戦を強いられた帝国は

次第に領土を削られ 国力を疲弊していった...

そして...戦局の流転は 時代にひとつの決断を投げ掛ける…



それは...皇帝 聖Chirdebert(サン・キルデベルト)6世より

Britannia(ブリタニア)女王へと宛てられた一通の親書…



帝国暦4年『Verseine(ヴェルセーヌ)休戦協定会談』

帝国領Yvelines(イヴリーン) Verseine(ヴェルセーヌ)宮殿

大理石の回廊を進む薔薇の女王

左にはParsifal(パーシファル) 右にはAlvarez(アルヴァレス)

柱の陰には招かれざる客…



黒の教団より放たれし刺客...

死角より放たれし時(くろ)の凶弾...

嗚呼...歴史は改竄を赦さない…



凍りつく時間(とき)の中を

崩れ堕ちるAlvarez(アルヴァレス)

Parsifal(パーシファル)の雷槍(やり)が閃き

崩れ落ちるGefenbauer(ゲーフェンバウア)



それは...歴史の流れが変わる瞬間だろうか?

それとも最初から全て決められていたのだろうか…



「...先に逝ったのか...Gefenbauer(ゲーフェンバウア)...

人間(ひと)とは全く...哀しい生物(もの)だな…」



彼を誘(いざな)う最期の闇 その中にさえ…



「嗚呼...朱い...何て朱い夕陽なんだ...

Charlotte(シャルロッテ)...私は必ず...必ず帰って…」



Britannia(ブリタニア)暦630年 英雄Albers Alvarez(アルベール・アルヴァレス)

Verseine(ヴェルセーヌ)宮殿 にて暗殺者の凶弾に倒れる...彼の墓碑銘には

Luna Ballad(ルーナ・バラッド)が捧げた詩(うた)の一節が刻まれた…



多くを殺し 多くを生かした 多くを悩み 多くを為した

(アーべルジュ)ここに眠ると…



Garia(ガリア)全土を巻き込んでなお停まらない大戦

その終結には...更に多くの血と涙 5年の歳月を要するのである…



夕陽に染まる丘 寄り添うように並ぶ二つの墓標

白鴉(はくあ)が凛と羽ばたいて往く 終わらない空の向こうへ…
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

検索フォーム
プロフィール

茨ん@難民N

Author:茨ん@難民N
ニコ厨、兼、漫画をたーくです。

活動がよく分からない人(?)。

最新記事
カテゴリ
なかのひと
月別アーカイブ
ヒウィヒヒー
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
かうんた?
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク・・・はフリーです
所属ニコニコミュ
ニコニコマイリスト
管理人のマイリスト

手伝わせて頂いた動画

かえるの絵本実況

モンスターハンター3実況PT参加

友人ATA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。